フォーカス

アニメや漫画がオシャレ? 若者インスタグラマーたちのアイコンに注目

 こんにちは。先週は東京でも大好きなファッション・ウイークがあり、るんるんの濱崎真実です。

 さて、先週から1週間、3月19日時点でのフォロワー数は710台。1週間で100フォロワー増です。この1週間は、自分がフォローしている500人の純度を上げる作業を主に行っていました。具体的には私が一方的にフォローしているアカウントをリムーブし、フォローバックしてくれそうなアカウントを探してフォローするなど、フォローするアカウントを考え直していました。

 そんな作業を繰り返していたら、ちょっと面白いことに気がつきました。私がメーンでフォローしているのは、中高生の、韓国やファッションが好きそうなアカウントなのですが、アニメや漫画のキャラクターをアイコンにしている人がとても多かったんです。しかも同じようなキャラクター。なぜだろう。なぜかはわからないけれどちょっと面白いな、と思ったのでよく見かけるキャラクターを紹介します。

 まずアニメ「美少女戦士セーラームーン」のほたるというキャラクター。セーラーサターンに変身する黒髪おかっぱの女の子のキャラクターですが、このキャラクターをアイコン画像にしている人は暗めの写真を投稿している女の子が多いです。このアニメの他のキャラクターも含めて、本当によく見ます。次に漫画「HUNTER×HUNTER」のクロロ。能力が高くてビジュアルもよく、クールな性格のこのキャラクターを選んでいる人は暗めの写真を投稿してる男の子が多いです。他にもアニメ「ドラゴンボール」のトランクスや、アニメ「うる星やつら」のラムちゃん、漫画「NANA」もよく見かける。あとジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」のハウルも人気があります。

 なんとなくですが、今の若い子たちから見て可愛い、かっこいい、オシャレだと感じるアニメや漫画のキャラクターというのが共通点かなと思いました。ただのアイコン1つにも発見があって奥が深いインスタグラム。また新しい発見があったらご報告します。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/Bgp45ucj89b/"]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら