ファッション

ヌード肌に艶と色のスパイスを加える「スック」のサマーコレクション

 「スック(SUQQU)」は夏限定のカラーを集めた2018年サマーコレクションを5月1日に発売する。テーマは“ヌードwithスパイス”で、ヌード肌にビビッドカラーと艶のスパイスを加えるアイテムをそろえた。

 アイシャドウパレット「デザイニング カラー アイズ」(各6800円)には夏限定の2色が登場。スパイスカラーとヌーディーカラーをそろえたパレットは、オレンジレッドとコッパーピンクの「118 朱夏」と明るいイエローとサンドカラーの「119 向日葵」がラインアップ。使い方次第で、日常だけでなくリゾートなど夏の特別なシーン向けのメイクアップも楽しめる。

 「フロウレス リップ グロス」(各3500円)は自然な艶と立体感が出るリップで、限定のクリアオレンジレッド「104 橙陽」と、ゴールドグリッター入りのブロンズブラウン「105 瑞砂」が追加された。艶と血色を生み出すクリームチーク「ジューシー ブライト クリーム ブラッシュ」(各3500円)は限定色として使いやすいコーラルピンク「101 珊瑚染」とヘルシーベージュの「102 艶焦」が登場した。

 カラーアイテムだけでなく、ヌード肌に輝きを加えるハイライター「ヌード イルミネイティング ハイライト スティック」(4000円)も登場。さらに「ネイルカラー ポリッシュ」(各2500円)にはグレイッシュホワイト「107 白波」、クリアレッド「108 滲赤」、ヌードブロンズ「109 輝麦色」の限定3色がそろい、単色使いでも組み合わせてアートを楽しむこともできる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。