ニュース

「M・A・C」が「ニコパンダ」とコラボ パンダだらけのキュートなコレクション

 「M・A・C」は3月29日、前「ディーゼル(DIESEL)」アーティスティック・ディレクターのニコラ・フォルミケッティ(Nicola Formichetti)が手掛ける「ニコパンダ(NICOPANDA)」とコラボしたコレクションを発売する。全8アイテムで、価格帯は17〜40ドル(約1800〜4200円)だ。

 同コレクションは、エッジーなパンクの要素とカワイイを掛け合わせた「ニコパンダ」の世界観を表現し、パステルからビビッドなパープルなど、鮮やかなカラーをそろえる。アイコニックなパンダのモチーフをブラシの取っ手やリップのキャップ、フェイスパウダーのデザインなどに施している。リップスティックはバブルガムピンクやパステルグリーン、ネイビーなどのカラーをそろえ、マットな仕上がりだ。グロスはピンクやネイビーなどのカラーに偏光パールを配合しひと塗りで艶感を作る。ブラシはチークブラシ、アイシャドウブラシ、スマッジブラシをポーチとともにセットで販売し、通常のブラックなカラーとは一変、ホワイトのボディーにパンダのモチーフを付けたキュートなデザインだ。その他アイシャドウ4色にチーク1色を収めたパレットを3種、フェイスパウダー1種、限定デザインのクッションコンパクトケース、アイラッシュ、シールを発売する。

 ニコラは「『M・A・C』と『ニコパンダ』は、ともにクリエイティビティーを大切にしたり、若い才能を後押しするなど、共通することが多い。今回は美しいカラーをたくさんそろえた分、パッケージは白と黒とクラシックに仕上げた。女の子だけでなく男の子でも、どんな人でも、みんなに使って欲しいジェンダーレスなコレクションを作った」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら