ニュース

青の美しさにフォーカスした「KANEBO」の春夏コレクション

 「KANEBO」は2018年春夏コレクションを2月9日に発売した。テーマは“青の美しさで肌を際立たせる”で、アイテムにはさまざまな形で青を取り入れている。

 「モノ アイシャドウ」(各3200円)は全5色で、ベージュやピンクの他、シアーネイビーや淡いシャインブルーなどの青をそろえた。パウダーのふんわり感とクリームのオイルを併せ持ち、濡れたようツヤが出る。「ラスター パウダーファンデーション」(全6色、各9000円)は通常カラーを構成する黄、赤、黒に加えて青を入れることで、色に深みを与えて肌に透明感や明るさ、奥行きを生む。「モイスチャールージュ」(新4色、各3500円)も青の色素を含み、軽やかなレッドカラーに仕上がった。「ラスティング グロウアイライナー」(全2色、各3200円)にもネイビーブラックが登場した。

 青以外にも肌を美しく見せるアイテムがそろう。ブランドが色づくりの基本と考える赤の色相の中心・5Rカラーのニュアンスにパールで光を加えたクリームタイプのチーク「モノブラッシュ」(全2色、各3200円)や、化粧下地「リファイニングプライマー」(6000円)にも5Rレッドパールやオレンジパールが加えられた。さらに、仕上げに使うパウダー「ラスターカラーファンデーション」(各9000円)には、肌に血色を与えるピンクと透明感を与えるグリーンの2色と「コンパクトブラシ」(1800円)が登場した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら