ニュース

スモーキーな彩りを添える「RMK」2018春メイク

 「RMK」は2018年1月5日、18年の春コレクションを発売する。水彩画にインスピレーションを得たややスモーキーなカラーリングで、シックな春メイクを提案する。

 今回のコレクションはアイデア次第でさまざまなニュアンスを演出できるアイテムが多く、特徴的なのが両端にマットカラーとパールカラーを備えたダブルエンドのスティック状アイシャドウ「RMK Wウォーターアイズ カラーインク」。アイライナーのようにラインを引いたり、まぶたに広げてぼかしたり、マットとパールを組み合わせて新たな質感を生み出したりと、絵の具感覚でアイメイクを施すことができる。テクスチャーはみずみずしいウォーターベースで、重ねづけすることで色合いにより深みが増す。

 コンパクトなケースに入った「RMK マルチペイントカラーズ」は、チークやリップなど、さまざまなパーツに使えるマルチアイテム。チークとして使うと艶やかに頬を彩り、唇にのせるとマットに色づく、仕上がりの違いも特徴だ。

 アイメイクからチークまでさまざまなパーツに使える「RMK グロージェル」は、グロスのようなニュアンスを加えるアイテム。また、「RMK ネイルポリッシュ」にはモード感のあるスモーキーカラー6色が登場する。

■RMK Wウォーターアイズ カラーインク(全10色)
発売日:2018年1月5日
価格:各3800円

■RMK マルチペイントカラーズ(全7色)
発売日:2018年1月5日
価格:各3000円

■RMK グロージェル(全2色)
発売日:2018年1月5日
価格:各2200円

■RMK ネイルポリッシュ(新色6色)
発売日:2018年1月5日
価格:各1500円

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら