ファッション

世界を巡った「ディオール アート オブ カラー展」が表参道で開催 限定アイシャドウ発売

 「ディオール(DIOR)」は4月12日から21日まで、「ディオール アート オブ カラー展」を東京・表参道のソーカルリンクギャラリー(SO-CAL LINK GALLERY)で開催する。2016年10月からニューヨーク、フランス・アルル、ドバイ、ソウル、上海と世界を周った展示が日本初開催となる。

 「アート オブ カラー」は12色のブランドのカラーから着想を得て、アーティストやクリエイターたちがカラーへの情熱を表現したアートブック。ピーター・フィリップス(Peter Philips)「ディオール」メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターや、歴代のアーティスティック・ディレクターを務めたセルジュ・ルタンス(Serge Lutens)らの作品や言葉から、ブランドの歴史を紐解くことができる。

 また、「ディオール」表参道ブティックとオンラインストアでは限定アイシャドウパレット「サン クルール(アート オブ カラー)」(7700円)を発売。ピーターが今回の展示から着想を得て作ったパレットは、ビビッドな赤や青、緑、黄に白の5色を詰め込んだ。パレットには“ART OF COLOR”のエンボスが施されたコレクションアイテムとなっている。

■ディオール アート オブ カラー展
日程:4月12〜21日
時間:月〜金・日曜日 11:00〜19:00 / 土曜 11:00〜21:00 (最終入場は終了30分前)
場所:SO-CAL LINK GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前4-9-8
入場料:無料

[related post="583784" title=「ディオール」がボリュームと艶のある唇を作るティントリップ発売 グリッターの限定色も""]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら