ファッション

「シェイク シャック」が値上げ 定番の「スモークシャック」は910円に

 サザビーリーグが国内で運営するニューヨーク発のハンバーガーショップ「シェイク シャック(SHAKE SHACK)は4月1日から一部の商品を値上げする。理由は、原材料費や人件費の高騰を受けて。値上げ幅は10〜30円。

 対象の一部商品とその新価格は、チーズバーガーをベースにレタスやトマト、オリジナルのシャックソースをトッピングした「シャックバーガー」(シングル)が680円から710円に、アップルウッドでスモークしたベーコンやチェリペッパーなどをのせた「スモークシャック」(シングル)が880円から910円に、サイドメニューの「フライ」(スモール)が280円から300円に、「シェイク」(スモール)が480円から490円に変更する。

 サザビーリーグは2015年に、「シェイク シャック」の日本国内における独占販売契約を締結し、11月に東京・北青山の外苑いちょう並木に1号店をオープンした。現在は二子玉川や東京ドーム、みなとみらい、六本木ヒルズ、新宿サザンテラス、東京国際フォーラム、アトレ恵比寿の8店舗を持つ。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら