ファッション

ヴァージル・アブローが東京で入場無料の個展開催 村上隆とのトークショーも

 「オフ-ホワイト ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」を手掛けるヴァージル・アブローが日本で初となる個展「“PAY PER VIEW”」を開催する。会期は3月16日から4月1日までで、東京・麻布に構えるカイカイキキギャラリー(Kaikai Kiki Gallery)と、ロンドンでアート展を開くなどかねてより親交の深い村上隆のギャラリーが会場だ。入場は無料。

 ヴァージルの代名詞でもある引用符で括られた同展は、「俺たちは全員、消費という行為によって形作られている」と話すように、“消費社会、広告およびメディアが、どのように我々の世界の捉え方に影響を与えているのか”をテーマに構成。「イケア(IKEA)」とのコラボラグマットや映像作品をはじめ、10以上の現代アートが展示される予定だ。

 同展について村上隆は、「ほんの3〜4年前、『オフ-ホワイト』のプリント柄がストリートファッションのルールも変えてしまって、2017年の『ナイキ(NIKE)』とのコラボで、スニーカーのゲームも完全に変わった。ゲームの在り方を変えてきた彼の活動の、アートの世界でのチェンジの瞬間が、いよいよ始まるということに、ワクワクが止まらない」とコメントを発表している。 

 なお、3月17日にはカイカイキキギャラリーで、ヴァージルと村上隆によるトークショーが開催される。

■“PAY PER VIEW”
日程:3月16日〜4月1日
時間:11:00〜19:00
定休日:日・月曜日、祝日 ※最終日の4月1日のみ日曜営業
場所:Kaikai Kiki Gallery
住所:東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビル 地下1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら