ファッション

サービスもユーザーも“セクシー”であるべき、シェアリング先駆企業2社が考える理想の社会

 ファッションレンタルサービスのエアークローゼットがバッグのレンタル事業を行う ラクサス・テクノロジーズとの共同キャンペーンを14日まで実施している。アパレルとバッグを合わせてレンタルできる同サービスだが、ともにレンタルサービスを運営する企業同士のコラボは珍しい。月額6800〜9800円で洋服3着借り放題のエアークローゼットと月額6800円でバッグ使い放題のラクサス。シェアリング・エコノミーが盛んなアパレル業界だが、市場の今後について両社どのように考えているのか。天沼聰エアークローゼット最高経営責任者(CEO)と児玉昇司ラクサス・テクノロジーズ社長の両者に話を聞いた。

WWD:改めて、それぞれのサービス立ち上げの経緯について教えてください。

天沼聰エアークローゼットCEO(以下、天沼):もともと、女性が働く環境や子育てによってファッションと出合う機会が減っているという課題を感じていました。そこで、洋服をキュレーションし、出合いを生み出すサービスを作れば、本当に気に入ったものを買えるんじゃないかと。その手段がレンタルサービスでした。

WWD:構想はいつころからあったんですか?

天沼:2014年7月に起業しましたが、前職を辞めてから数カ月でした。元々起業をしようと思っていて、いろいろな対象物を考えた時に、インターネットとシェアリングエコノミーの概念が好きだったこともあり、ライフスタイル全般のサポートをできるものでアイデアを100個以上出して、最終4〜5個は事業計画まで作りましたね。

WWD:ラクサスは創業が2006年8月スタートと、かなり早かったですね。

児玉昇司ラクサス・テクノロジーズ社長(以下、児玉):当時アメリカではシェアリングエコノミーの概念がすでにあって、実は初めは洋服のレンタルをやろうと思ってたんです。僕自身は4回目の起業ですが、マネタイズの基本は高いものを安くするか、複雑なものを簡単にするか、時間を短縮するか、の3つだと気づいていました。ただ、当時はリーマンショックなどが重なり、結果的にローンチは15年になりました。

WWD:なぜ、当初考えていた洋服ではなくバッグに?

児玉:クリーニングの黒字化ができないと思って。一度着たものを販売するというモデルも考えたのですが、当初の想定からブレるのであれば止めてしまおうと思いました。天沼社長がすごいのは、クリーニングや配送業者と提携するなどうまく戦い方を変えて、この課題を解決したことです。

WWD:これらの課題に対して、天沼社長は事業化段階でどう考えていましたか。

天沼:やるべきことに対してはどう解決するかを考える性格なので、あまり課題とは考えませんでした。むしろこうした複雑性は障壁にもなるし、その障壁をITの力で解決すれば、当然革命にもなるなというのが私たちの1つの考え方ですね。

WWD:今回初めて、両社がタッグを組みましたね。

天沼:ファッション全体で見た時にアパレルとバッグは相性がいいですよね。これからアクセサリーも合わせていきたいですが、他の企業と一緒にやっていくようなことが顧客への価値を向上できるはずです。

WWD:そもそも、両社のターゲットは非常に似通っていたのでしょうか。

天沼:われわれは20〜40代で働く女性がターゲット。そもそも私たちはライフスタイル軸で、ターゲットの絞り方が違うんじゃないでしょうか。もちろん、重なる部分は多いですが、切り口が違うわけです。

児玉:ラクサスのターゲットはブランドバッグの価値観を楽しみたいという層。24〜50歳と一様に顧客がいて、だから社内では平均を取るなと言っていて。僕たちの課題はマインドセットです。子どもの行事で目立つからと、ブランドバッグは使っちゃいけないものだと考えている人もいるんですよ。新しいバッグが欲しいけど、どこに持っていくのということを考えると、高いお金を出してまで買えないと。だから金額面をクリアにしてあげると、自由になるんです。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら