ファッション

「オープニングセレモニー」が米ディズニーランドでランウエイショー、ミッキー&ミニーも登場

 「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」は3月7日(現地時間)、アメリカのカリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドで2018年春夏のファッションショーを開催した。この場所でファッションショーが開かれるのは今回が初めて。

 今シーズンは、同ブランドのデザイナーで1975年生まれのキャロル・リム(Carol Lim)とウンベルト・レオン(Humberto Leon)が物心つくかつかないかの頃に体感した70年代の楽観的なムードがインスピレーション源。ビビッドカラーのサイケモチーフをブルゾンやニットにのせ、テクノ素材のネオプレンと組み合わせた他、80年代以降は日本でも絵画が大人気だったクリスチャン・ラッセン(Christian Lassen)の幻想的な海の風景を加えた。

 ショーの第2部は、ディズニーとのコラボレーションで70年代のミッキーマウス(Mickey Mouse)をキーモチーフにしたコレクション。ミッキーの耳のような曲線を取り入れた洋服に、七色のミッキーをのせた。

 フィナーレにはキャロル&ウンベルトと、ミッキー&ミニーマウス(Minnie Mouse)がマーチングバンドやディズニーランド所属のダンサーと登場。この日は特別にショーの開始3時間前に閉園したトゥーンタウンには、コラボコレクションのポップアップコーナーやバーカウンター、キャラクターと撮影できるフォトブースなどが設けられ、パーティーは夜遅くまで続いた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら