ファッション

実際やってみてわかった“インフルエンサーになるには”

 こんにちは、左利きに生まれたかった濱崎真実です。アカウント運営のためにすさまじい寝不足を感じる3週間目を迎えました。

 2月26日のフォロワー数は370台、1週間で110のフォロワー増です。2月中に500フォロワー獲得が目標でしたが、きびしい状況となりました。今回は、目標に届かなかった原因を自分なりに考えてみました。

 目標達成に至らなかった一番の要因は、投稿写真やキャプションの作成、“いいね”をつけにいくこと、自発的なフォローなどの日々のタスクのコツをつかむことに時間がかかったことだと考えています。特に、フォローバックを見込んだ自発的なフォローを行うことの感覚をつかむのに手間取ってしまいました。

 投稿写真は相変わらずのネタ切れに加え、作成に必死になりすぎてアカウントの方向性が少しわからなくなっていました。後から見直して、「このあたりちょっと違う」と思う投稿が少しあります(笑)。最初に決めた自分のアカウントイメージをあらためて確認しています。

 私はアカウントを、ビジネスアカウントに設定しています。誰でも設定から変えられるのですが、自分のアカウントへのアクセスや、フォロワーの割合などを詳しくみることができます。投稿は閲覧数やコメントなど、反応が多かった順に自分の投稿を見ることができます。これは反応のよかった上位9枚ですが、自分が写ってるものが多いと気がついたのでなるべく自分の写真を投稿するようになりました。

 “いいね”は毎日必ず300以上つけにいかなければいけませんが、できていない日もあったかと思います。その分は他の日に足りなかった数を補えていたと思いますが……。これについては少し問題があったので、次回お話ししたいと思います。

 結論として目標達成に至らなかった要因は、タスクをうまくこなせていなかったこと、自分の頑張り不足、この2つだと思います。コツをつかめてきたので、これから目標未達成分を取り戻したいと思います!

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BfuX_NTjsVD/"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら