ファッション

アシックスが MLB大谷翔平とアドバイザリースタッフ契約 新天地で道具を赤に一新

 アシックス(ASICS)は米MLB「ロサンゼルス・エンゼルス(LosAngels Angels)」に所属する大谷翔平・選手とのアドバイザリースタッフ契約を発表した。大谷選手はアマチュア時代から同社の製品を使用し、プロ入り2年目の2014年シーズンから契約を開始していたが、渡米後も継続することとなった。用品のサポートや、大谷選手からの商品開発面でのアドバイス、広告起用を行う。

 これまで日本で使用していたグラブはブラックやネイビーなどのシックな色だったが、新しい所属先のチームカラーのレッドに統一。イニシャルの“SO”と新しい背番号“17”をモチーフにしたロゴをバンド部に入れた。

 スパイクシューズのデザインは“和”がコンセプト。アッパーには「集中力を高めながら自然体でプレーしてほしい」という思いを込め、日本庭園の枯山水をイメージした文様を描いた。ベロの部分にはグラブと同じイニシャルとロゴを入れている。カラーはレッドとブラックを用意した。このデザインのスパイクシューズを夏ごろに一般販売する予定だ。

 大谷選手は今回の契約に関し「これまでもさまざまな要望に対応し、支えてくれたアシックスベースボールとともにメジャーリーグに挑戦できることを大変うれしく思っている。夢の舞台で、最高のパフォーマンスが発揮できるよう頑張る」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら