ビジネス

阪急うめだ本店が化粧品フロアを改装 初出店ブランドも多数

 阪急うめだ本店は3月1日、化粧品売り場をリニューアルする。スキンケアを拡充した「きれいきれいステーション」やキャビンを増設するなど2、3、6、10階の化粧品ゾーンを一新。また、3月28日には、隣接する阪急グランドビル19階にワンランク上のきれいがかなうビューティフロア「ハンキュウ ビューティ サロン(HANKYU BEAUTY SALON)」をオープンし、女性のあらゆるニーズに対応していく。

 同店は、2012年のグランドオープン以来、「化粧品売り場でイベントを開催したり、SNSを活用した情報発信などを積極的に実施したりした結果、国内外のお客さまの高い支持を受け、売り場がにぎわい、ゆっくりと買い物を楽しめる環境が十分に整わなくなった」(広報担当者)ことから、各フロアを一新するもの。2階の「きれいきれいステーション」をミレニアル世代に向けたスキンケア提案に進化し、美容液やクリームなどプレミアムスキンケア15ブランド以上を比較して試せる他、購入もできるようにする。また、1階のフレグランス売り場を2階に移設して、30ブランド以上をそろえる他、新たに「ロジェ・ガレ(ROGER & GALLET)」を加える。3階には西日本初登場となる「ル・ラボ(LE LABO)」や「イソップ(AESOP)」をそろえる。

 6階は、美容上級者のためのキャビンを併設したブランドを集める。「シスレー(SISLEY)」「ヘレナ ルビンスタイン(HELENA RUBINSTEIN)」「ラ・プレリー(LA PRAIRIE)」を2階から移設し、全9ブランドがトリートメントも受けられる仕様となる。

 また、「美容上級者に向け、フェイスだけでなくボディーケアやヘッドスパまでを上質な空間で提供する」ワンランク上のきれいがかなうビューティフロアを阪急グランドビルに設ける。売り場面積660平方メートルに、大阪初登場の「クレ・ド・ポー ボーテ サロン(CLE DE PEAU BEAUTE SALON)」や百貨店初の「クリニカルサロン シーズ・ラボ(CI:Z.LABO)」など5つのブランドがそろう。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら