ファッション

「H&M」が平昌オリンピック・パラリンピックのためにスウェーデン選手団の公式ユニフォームをデザイン

 「H&M」は2018年2月に開催される平昌オリンピック・パラリンピックのスウェーデン選手団の公式ユニフォームを披露した。同ブランドは13年のスウェーデンオリンピック委員会とのコラボに始まり、14年のソチオリンピック、16年のリオデジャネイロオリンピックのユニフォームも手掛けている。

 同ユニフォームはオリンピックチームの意見を取り入れ、試着を重ねて誕生した。開会式と閉会式だけでなくトレーニングや選手村で着用できるアイテムもそろえ、スポーツとファッションが融合したコレクションだ。

 フリースタイル・スキーヤーのヘンリック・ハーロウ(Henrik Harlaut)選手は「『H&M』はチームスピリットを高めてくれるようなコレクションを作ってくれた。金メダル取るぞ!という気持ちにさせてくれる。スウェーデンチームは誇りをもって『H&M』のユニフォームを着用するだろう」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら