ファッション

「H&M」が平昌オリンピック・パラリンピックのためにスウェーデン選手団の公式ユニフォームをデザイン

 「H&M」は2018年2月に開催される平昌オリンピック・パラリンピックのスウェーデン選手団の公式ユニフォームを披露した。同ブランドは13年のスウェーデンオリンピック委員会とのコラボに始まり、14年のソチオリンピック、16年のリオデジャネイロオリンピックのユニフォームも手掛けている。

 同ユニフォームはオリンピックチームの意見を取り入れ、試着を重ねて誕生した。開会式と閉会式だけでなくトレーニングや選手村で着用できるアイテムもそろえ、スポーツとファッションが融合したコレクションだ。

 フリースタイル・スキーヤーのヘンリック・ハーロウ(Henrik Harlaut)選手は「『H&M』はチームスピリットを高めてくれるようなコレクションを作ってくれた。金メダル取るぞ!という気持ちにさせてくれる。スウェーデンチームは誇りをもって『H&M』のユニフォームを着用するだろう」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。