ファッション

「H&M」が平昌オリンピック・パラリンピックのためにスウェーデン選手団の公式ユニフォームをデザイン

 「H&M」は2018年2月に開催される平昌オリンピック・パラリンピックのスウェーデン選手団の公式ユニフォームを披露した。同ブランドは13年のスウェーデンオリンピック委員会とのコラボに始まり、14年のソチオリンピック、16年のリオデジャネイロオリンピックのユニフォームも手掛けている。

 同ユニフォームはオリンピックチームの意見を取り入れ、試着を重ねて誕生した。開会式と閉会式だけでなくトレーニングや選手村で着用できるアイテムもそろえ、スポーツとファッションが融合したコレクションだ。

 フリースタイル・スキーヤーのヘンリック・ハーロウ(Henrik Harlaut)選手は「『H&M』はチームスピリットを高めてくれるようなコレクションを作ってくれた。金メダル取るぞ!という気持ちにさせてくれる。スウェーデンチームは誇りをもって『H&M』のユニフォームを着用するだろう」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら