ファッション

“VIP”な“エア フォース 1 HI”登場 クラブカルチャーにインスピレーション

 「ナイキ(NIKE)」は、東京発ストリートブランドの「マジックスティック(MAGIC STICK)」を手掛ける今野直隆がデザインに関わった“エア フォース 1 HI(AIR FORCE 1 HI)”を日本限定で発売する。価格は1万5000円で、2月10日から「ナイキ」直営店と公式サイトおよび東京・青山にある「ナイキラボ(NIKELAB)」旗艦店のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、11日からドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)をはじめとした一部店舗で取り扱う。

 “VIP”と名付けられた同モデルは、「マジックスティック」と今野デザイナー、小木基史ユナイテッドアローズバイヤー兼ユナイテッドアローズ&サンズ ディレクターがインスタグラムで前々から発売を予告していたもの。クラブカルチャーにインスピレーションを受け、アンクルストラップにクラブやライブの入場時に手首に付けるリストバンドと同じ不織布のタイベックを採用。アッパーやヒールタブ、スウッシュなどには暗闇でも光るリフレクト加工が施されている。

 発売に合わせ16日、東京・渋谷のライブハウス、ダブリュダブリュダブリューエックス(WWW X)で音楽イベント「ZONE 82 POWERED BY NIKE AIR FORCE 1」を開催する。入場は無料だが事前登録制で、渋谷を拠点に活動するヒップホップ・クルーのkiLLa、「酩酊」などの楽曲で知られるヒップホップ・バンドのunderslowjams、改造したテープレコーダーを楽器として使用するバンドのOpen Reel Ensembleなどが出演する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。