ファッション

「マルジェラ」“タビ”シューズのポップアップを開催 新作スリッパや限定カラーも登場

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」が、ブランドのアイコンの1つでもある“タビ”シューズを取りそろえたポップアップ「Discover the Maison Margiela “Tabi” story Spring Summer 2018」を阪急うめだ本店で開催する。期間は1月24~30日。

 今回のポップアップでは、定番のアンクルブーツやバレエシューズに加え、2018年春夏コレクションで発表したスリッパ(8万9000円)や、メタリックカラーのブーツなどを用意。また、ポップアップストアのみで取り扱うピンクの限定カラーのブーツ(13万3000円)も登場し、“タビ”シリーズをフルラインアップで販売する。

■Discover the Maison Margiela “Tabi” story Spring Summer 2018
日程:1月24~30日
時間:10:00~21:00 / 金・土曜 10:00〜21:00
場所:阪急うめだ本店 3F コトコトステージ31
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら