フォーカス

代官山 蔦屋書店コンシェルジュが選ぶ2017年ベストマガジン 若手編集長に聞くこれからの編集者像

 2017年3月、制作会社コンタクト(kontakt)が「パートナーズ(PARTNERS)」というインタビュー誌を発売した。表紙には写真家のユルゲン・テラー(Juergen Teller)と息子エド(Ed)の2人がバイクにまたがってヘルメットをかぶり、カメラ目線で微笑んでいる。巻頭もユルゲンとエドの日常を切り取った写真が並んでいる。父であるユルゲンがエドを愛して止まない親子の“絆”を感じさせる写真だ。同誌は人の“絆”や“関係性”をテーマに掲げ、日英バイリンガルの体裁は日本と世界をつなぐことを意図している。編集長である川島拓人に制作にまつわる話やコンテンツ企画について、そしてこれからの編集者に必要不可欠な資質や考え方を聞いた。また「パートナーズ」を、2017年に発売した雑誌の中でベストディレクションと評した代官山 蔦屋書店の高山かおりブックコンシェルジュに、手戻りのない一気通貫した誌面の魅力を解説してもらう。

WWDジャパン(以下、WWD):編集者を志したきっかけは何ですか?

川島拓人(以下、川島):アメリカ・ボストンの大学では生化学を専攻していました。IPS細胞の研究や最新テクノロジーを利用しながら、アウトプットは日常製品という仕事に興味があり、大学3年の夏に化粧品会社でインターンを経験しました。化粧品は単純に薬品を混ぜるのではなく、人を美しくしたり夢を与えられる世界なのでそこに惹かれましたね。プロジェクトは新しい乳液の手触りや摩擦の気持ち良さといった“心地良い”を数字化する仕事だったんですが、ひたすら地味な作業を繰り返していくうちに、もう少し自分らしさを表現できるような仕事をしたいと思うようになったんです。次第に、完成した商品を紹介するようなジャーナリストや美容系雑誌の編集者に興味を持つようになりました。昔から活字中毒でも雑誌を読みあさっていたタイプではありませんでした。

WWD:その後、すぐに編集者の道へ?

川島:大学の進路相談員に話したら、2年間のジャーナリズムコースを再受講するように促されまして……時間もないし学費の問題もありますから、一度日本に帰国してから考えようと。日本の雑誌編集者は、大学の専攻過程で採用を決めるケースはほとんどありませんよね。そこで編集者の採用募集を探していたら、メンズ誌「ヒュージ(HugE)」が英語を話せる編集者を募集してたんです。知り合いに講談社の社員を紹介していただき相談した結果、編集プロダクションのイーター(EATer)が編集と制作を行っていると教えてもらい、そこで働くことになりました。

WWD:なぜ「ヒュージ」で働こうと思ったんですか?

川島:上海に住んでいた高校時代に、姉が日本から持ってきてくれて今一番かっこいい雑誌と教えてくれたのが「ヒュージ」だったんです。もともとファッションが好きで、高校では韓国人の友達とよくファッションの話をしていました。大学に行ってからも彼とはフェイスブック(Facebook)で連絡を取っていて、「今、何を着てる?」と聞いたら「ディオール オム(DIOR HOMME)だ」と答えたので、調べたらものすごくかっこよかったんですよね。それから「ディオール オム」のコレクションをチェックするようになり、小遣いを貯めてニューヨークまで買いに行ったりもしました。当時の「ヒュージ」も「ディオール オム」の特集を組んでいて、高校時代から抱いていたかっこいい雑誌という印象が強まりましたね。化粧品もファッションも人に夢や感動を与えるという点では同じと思い、編集の道に進む決心がつきました。すべてのタイミングがうまく合った、パズルがすっとハマったような感覚でしたね。

WWD:「ヒュージ」はファッションの他にも写真やアートにも強い雑誌。カルチャーはファッションと同じくらい好きだったんですか?

川島:比較的好きでしたが、自分で調べて掘っていったのは編集者になってからです。その前に、大学のある街がニューヨークに近かったのでギャラリーを回ったりはしていましたけれど。

WWD:「ヒュージ」ではどんな視点で仕事をしていたんですか?

川島:ひたすら自分の居場所を探していました。同期が3人いて、全員アシスタントなので雑務がメーンですよね。その中で一歩抜きん出るにはどうしたら良いかをとにかく考えて。自分にとって英語は1つの武器でしたから、英語を使って何ができるか。そこで、とりあえず気になるアーティストに連絡を取って次の企画会議に上げてみようと。当時の雑誌は、海外ネタに関してはコーディネーター任せというか、待つ姿勢が多かったように思います。そこを編集者が意図的にアタックする行動を起こせば、まだ誰も手を付けていない自分の居場所になると感じて、それから1つの情報を掘り下げる作業にのめり込んでいきましたね。アーティストやファッションデザイナーに直接連絡をとってことで、日本のギャラリーやPRに迷惑をかけたこともありました……。