ファッション

「ディオール」が10人のアーティストとコラボした限定バッグを発売

 「ディオール(DIOR)」は、世界中のアーティストが同メゾンの象徴的バッグ“レディ ディオール”のデザインを手掛けるプロジェクト“DIOR LADY ART”の第2弾を発表した。世界的に活躍するアーティスト10人と協業しており、いずれも目を引くデザインばかりだ。ハウス オブ ディオール ギンザと「ディオール」心斎橋店で販売中。価格は68万〜145万円。

 ソウルを拠点に活動し、近未来的な作風を持つイ・ブル(Lee Bul)はこなごなに砕けたガラスが1枚の鏡に見えるバッグを生み出した。アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)と交流のあったジョン・ジョルノ(John Giorno)はレインボーカラーのボディに自身の詩の一節をロゴとして採用。革新的な方法で世界情勢を作品に表現することを得意とするホン・ハオ(Hong Hao)は、代表作である勢力図が描かれた世界地図と、対象物をスキャンしたポップな柄をそれぞれバッグにあしらった。ドイツのロマン主義を思わせる風景画をモチーフに作品を制作するフリードリッヒ・クナス(Friedrich Kunath)は、キスをするカップルをボディに描き、ハンドルを虹色に染め上げて芸術的なロマンを表現。スイス人とギニア人を両親に持つナムサ・レウバ(Namsa Leuba)は南アフリカのンデベレ族の文化から着想を得て、彼らの色彩豊かな文化をデザインに取り入れた。

 また最年少アーティストとして1993年生まれのベティ・マリアーニ(Betty Mariani)とジャミラ・オクボ(Jamilla Okubo)が参加。マリアーニはストリートアートとグラフィティを用いて“日常”を映し出し、ボディにあしらった色鮮やかな刺しゅうが立体感を与えている。アメリカ生まれでケニアをルーツに持つオクボは、ケニアスタイルのビーズワークと「ディオール」の伝統的なキルティング技法を用いた。官能的で情緒ある世界観で知られる写真家ジャック・ピアソン(Jack Pierson)はパリ滞在中に描き上げたデッサンをもとに、ノスタルジーとクラシックを醸し出している。スペンサー・スウィーニー(Spencer Sweeney)はキャンバスのようにバッグに多彩なデッサンを描き、“不完全”の中に見る完璧さを追求している。メゾンとのコラボレーションで上海、東京、ニューヨークのブティックのためにスズランの花の彫刻を手掛けたデビッド・ワイズマン(David Wiseman)は自然にインスパイアを受け、真鍮と磁器でかたどったスズランをチャームとして取り入れた。

 “レディ ディオール”は95年にオートクチュールから着想を得て誕生。故ダイアナ妃が愛用していたことから96年に一躍有名になり、メゾンのアイコン的なバッグとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら