ファッション

5時間行列の原宿スイーツが大阪・道頓堀に出店 限定クリスマスメニューも

 サムシングニューが運営するコールドプレート・アイスクリーム専門店「ロールアイスクリームファクトリー(ROLL ICE CREAM FACTORY)」の2号店が12月16日、大阪・道頓堀にオープンする。場所は道頓堀橋、大阪松竹座近く。

 タイ発のスイーツ、コールドプレート・アイスクリームは、ニューヨークやヨーロッパで人気を集めた新スタイルのアイスクリーム。マイナス10度以下のコールドプレートの上で、好みのフレーバーの液状のアイスクリームを伸ばし、フルーツやスイーツを混ぜ込み、くるくるとロール状に巻く。トッピングとソースもカスタマイズで選ぶことができる。 「ロールアイスクリームファクトリー」は日本初の専門店として、今年6月に裏原宿に店舗をオープンし、最長5時間待ちの行列をつくるほど話題になった。

 道頓堀店では、限定のクリスマスメニューが登場する。ストロベリーベースの“ホリデーストロベリー”とチョコレートベースの“ホリデーチョコレート”の2種類。どちらにもジンジャークッキーやホイップクリームなどをトッピングしている。価格は各780円。

■「ロールアイスクリームファクトリー」道頓堀店
オープン日:12月16日
時間:11:00〜22:00(予定)
定休日:不定休
住所:大阪市中央区道頓堀2-2-2
席数:16席

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら