ニュース

パンケーキの「ビルズ」がタコ焼き!? 大阪ルクア イーレに関西初出店

 リコッタパンケーキで知られるシドニー発のカジュアルダイニング「ビルズ(bills)」は11月3日、ルクア イーレ(LUCUA 1100)7階に関西エリア1号店をオープンする。隣接するルクアとの連絡通路近くに位置する。セピア色を基調にした店内は、黄色のテーブルやライト、モダンアートなどのインテリアが並び、少しレトロな雰囲気も漂う。

 ランチ&ディナーには大阪限定メニューとして、スイーツとアラカルトの3種類が登場する。オーナーでシェフのビル・グレンジャー(Bill Granger)が大阪で出合ったタコ焼きやイカ焼きなどをヒントに、ユニークなメニューに仕上げた。まるで焼きたてのタコ焼きのように見えるのは、“ドーナツ”(800円)。上から、オタフクソースをカシス、マヨネーズをホワイトチョコ、鰹節をドライパイナップルのスライス、青のりを抹茶パウダーに見立てたデコレーションで、見た目も楽しいスイーツが完成。なおドーナツの中には、タコではなく、自家製のラズベリージャムとバニラクリームが入っている。

 百貨店で食べたイカ焼きからインスピレーションを得たというのが、“タコのグリル”(1300円)。ポテトにオリーブオイルとガーリックをミックスしたジャガイモの滑らかなムース、スコルダリアとぷりぷりのタコとの相性も抜群だ。栗おこしにヒントを得たのが“タピオカチップス”(700円)。イカスミや抹茶、ターメリック、パプリカなどに味付けしたチップスを、コリアンダーヨーグルトとたらこソースの2種類でディップする。

 来日したビルは、「大阪に初めて訪れたのは3〜4年前。東京とはまた違った街で、少しオーストラリアに似た雰囲気がある。『ビルズ 大阪』はたくさんの人が集まる大阪駅と直結していて、エネルギー溢れる場所。大阪でインスピレーションを受けたスナック文化から、3種類のメニューを作った。大阪らしいユーモア溢れる仕上がりになったよ」と大阪店のオープンを楽しみに語った。

■ビルズ 大阪
オープン日:11月3日
時間:8:30〜23:00(L.O.フード8:30〜22:00、ドリンク8:30〜22:30)
場所:ルクア イーレ7階
住所:大阪市北区梅田3-1-3
席数:118席