ファッション

パンケーキだけじゃない!大人のダイニング「ビルズ銀座」とは?

 「世界一の朝食」と呼ばれるほど、スクランブルエッグやリコッタパンケーキで一大ブームを巻き起こしたシドニー発の「ビルズ(bills)」が2016年10月、銀座店をオープンした。場所は、中央建物が銀座2丁目に開業した「オークラ ハウス」の最上階12階。オーシャンビューを眺めながら朝食や軽食を楽しむ既存店とは異なり、より都会的な「オールデイダイニング」という国内初のコンセプトで、ビル・グレンジャー創業者こだわりの限定メニューやアルコールを提供する新しい店舗だ。今回は銀座を一望しながら、比較的並ばず入店できるという平日午後に、アフタヌーンティーを堪能した。

「ビルズ」の美味しいもの全てが楽しめるアフタヌーンティー

 「ビルズ」初のアフターヌーンティーセット“ビルズ ハイティーセット”(2人で7000円)は、写真をすぐに撮りたくなるほど、SNS映えするスイーツやテーブルウエアがかわいい。食材からこだわったオープンサンドやスイーツが数種類に、ミニリコッタパンケーキやスコーン、「ビルズ」特別の紅茶など、“ビルズ・オールスター”と呼ばれるほど、美味しいもののフルラインアップだ。ボリュームのあるサンドイッチではなくオープンサンドにすることで、その他のフードも堪能できるようお腹いっぱいにさせすぎない。キュウリ&クリームチーズやスクランブルエッグ、クラブ&チリの3種類のサンドは見た目もオシャレだ。スイーツは、メレンゲ生地で作ったオーストラリア発祥のスイーツ、パブロバやマシュマロのサンドイッチ、ジャスミンパンナコッタなど、ミニサイズの6種類。また、デザイン豊富なテーブルウエアも注目。カップ&ソーサは「ビルズ」が同店のためにセレクトした有田焼、プレートはイタリアの「リチャード・ジノリ」で、シルバーも全て特注という。14~17時限定で、友達やカップルとのショッピングの合間におススメだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら