ファッション

ラスコーの壁画をモチーフにした新作バッグを「ディオール」が発売 

 「ディオール(DIOR)」はマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターが手掛ける2018年クルーズ・コレクションから新作バッグ“ディオールアヴェニュー”を発売した。日本限定のミディアムサイズのバケットバッグ(29万円)と先行発売のトートバッグ(19万9000円)の2種類を用意。全国の「ディオール」直営店で販売中だ。

 両バッグは、"Christian Dior Sauvage"のロゴがあしらわれており、オーガニックなキャンバス素材を使用しているため軽量でデイリーにも重宝しそうだ。先史時代をほうふつとさせるアニマル柄のデザインは、1951年にムッシュ・ディーオルがフランス・ラスコーの壁画から着想を得た柄をキウリが現代風に蘇えらせた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら