ファッション

人気ドラマ「陸王」のアトランティス社シューズをミズノが50足限定製作

 TBSで毎週日曜に放送されているドラマ「陸王」の劇中に登場する架空のシューズメーカー、アトランティス社のシューズが完全受注50足限定で発売。予約は先着で25日12時まで、TBSのオンラインショップ「TBS ishop」のみで受け付けする。

 シューズは老舗足袋製造会社「こはぜ屋」のライバルであるアトランティス社が販売する陸上シューズ“RII”をモデルとして、ミズノ(MIZUNO)が製作。印象的なビビットピンクの色に、アトランティスの“A”と“RII”のマークを刺しゅう加工して劇中のシューズを忠実に再現した。価格は6万円でサイズは26.0、27.0、28.0cm。

 通常のミズノのランニングシューズとは仕様が異なるため、残念ながらレースやトレーニングでの使用には適していない。しかし素材は駅伝のトップ選手が着用するシューズと同じものを使用。軽さや履き心地はアスリート仕様のままで品質にもこだわった商品。

 「陸王」は池井戸潤の同名小説が原作で、主演の役所広司の他、山﨑賢人、竹内涼真らが出演して10月15日から放送している。老舗足袋製造会社「こはぜ屋」が、会社の存続をかけてランニングシューズの開発に挑む物語。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら