ファッション

平昌五輪の日本代表選手団の公式服装はパーソナルオーダーシステムを採用

 日本オリンピック委員会(JOC)は、2018年の2月に開催される平昌オリンピックで日本代表選手団が結団式や開会式、渡航時に着用する公式服装を発表した。デザインと製作はAOKIが手掛ける。

 デザインコンセプトは“輝け!今を駆け抜ける、勇者たち!”。日本製の素材や縫製にこだわったアイテムで、男女共にジャケットのデザイン(シングル・ダブル)、パンツのシルエット(スリム・ワンタック)は、選手自身が選べるパーソナルオーダーシステムを採用。渡航用ニットシャツは、楽に動けて、着て楽しい“楽動”をコンセプトに、快適性を追求したオリジナルニット素材を使用している。

 16年8月のリオデジャネイロオリンピックで日本代表選手団が着用した公式服装のデザインは、JOCが行った公募で選ばれ、製作は12年のロンドン五輪に続き高島屋が行った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら