ファッション

青山ベルコモンズ跡地で上層部ホテルの複合ビルが着工

 三菱地所は12月11日、青山ベルコモンズ(以下、ベルコモンズ)跡地の「北青山二丁目計画(仮)」に着工した。地上20階、地下2階、延べ床面積約2万3000平方メートルの複合ビルの構成は、1~2階が店舗、3~4階がホテルロビーおよびイベントスペース、5~9階がコワーキング施設、9~15階がオフィス、16~20階がホテルになる。地下2階は駐車場。

 同プロジェクトは、ベルコモンズの歴史を踏まえ、ワークプレイス、ホテル、商業、イベントスペースが相互にシナジーを生み、多種多様な人々が交流する空間を作り出す。ホテルはオリエンタルホテル神戸などを運営するプラン ドゥシー(PLAN DO SEE)が手掛ける。同社が東京にホテルをオープンするのは初めてのこと。ルーフトップにはレストランやバーも設けたり、3階のイベントスペースでは展示会などを通してトレンドやカルチャーを発信したり、多様なニーズに応えるライフスタイル型のホテルになる。竣工は2020年4月末を予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら