ビジネス

「トップショップ」の新グローバル・デザイン・ディレクターは「ジャスト カヴァリ」から

 トップショップ(TOPSHOP)は、半年前にブランドを去ったジャッキー・マーカム(Jacqui Markham)前「トップショップ」「トップマン(TOPMAN)」グローバル・デザイン・ディレクターの後任に、アンソニー・カスバートソン(Anthony Cuthbertson)前「ジャスト カヴァリ(JUST CAVALLI)」デザイン・ディレクターを指名した。新人事は1月2日に適用される。

 アンソニー新グローバル・デザイン・ディレクターの就任は、ケイト・フェラン(Kate Phelan)「トップショップ」前クリエイティブ・ディレクターとゴードン・リチャードソン(Gordon Richardson)「トップマン」前クリエイティブ・ディレクターの後任として両ブランドのクリエイティブ・ディレクターに就任したデイビッド・ハーグランド(David Hagglund)=クリエイティブ・ディレクターに続く人事。アンソニー新グローバル・デザイン・ディレクターは、ポール・プライス(Paul Price)新最高経営責任者のもと、72人のデザインチームを監督し、プロダクトデザインを手掛けていく。

 アンソニー新グローバル・デザイン・ディレクターは「ジャスト カヴァリ」以前はオーストラリアのデニムブランド「サス&バイド(SASS & BIDE)」のクリエイティブ・ディレクターを務めていた。また、「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」「マルベリー(MULBERRY)」のクリエイティブ・コンサルタントの経験もある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら