ファッション

ファーフェッチが「メゾン マルジェラ」や「マルニ」らの廃棄布をバッグにアップサイクル

 世界中のデザイナーのアパレルを扱うECサイト「ファーフェッチ(FARFETCH)」が、社会格差の是正や発展途上地域の開発に取り組むNPO団体「オンリー・ザ ブレイブ基金(ONLY THE BRAVE FOUNDATION以下、OTB基金)」とコラボして、廃棄布を使用したスペシャルバッグ コレクションを発売した。各デザイン15個限定で、「ファーフェッチ」ECサイトのみで販売。

 オンリー・ザ ブレイブグループ(ONLY THE BRAVE GROUP)傘下の6ブランド、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」「パウラ・カデマルトーリ(PAULA CADEMARTORI)」「ジャスト カヴァリ(JUST CAVALLI)」「ディースクエアード(DSQUARED2)」「ディーゼル(DIESEL)」の製造過程で発生した廃棄布をバッグにアップサイクルにしたもので、各ブランドがそれぞれ1スタイルのバッグをデザインした。

 「マルニ」はブランドのアイコンであるポッドバッグからインスピレーションを得たワンハンドのバッグをデザイン。黒に緑のラインが入った面と、全体に赤い布を使用してブランドロゴをあしらった面の、前後で雰囲気の異なるバッグとなった。「メゾン マルジェラ」はトレンチコートの素材を使い、ビッグサイズのレザーボタンが特徴的なクラッチバッグをデザイン。同ブランドのジョン・ガリアーノ(John Galliano)クリエイティブ・ディレクターは「OTB基金が目標とする、持続可能な開発の促進につながるプロジェクトに関われたことを誇りに思います」とコメントしている。

 製造は社会的に弱い立場にある女性たちの支援を行うイタリアの慈善団体「ディーハブ(D-HUB)」が女性たちのスキル習得訓練の一環として担当した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。