ビジネス

プチプラコスメ「キコ」が世界最大店舗をオープン 隈研吾がデザイン

 イタリア発のプチプラコスメブランド「キコ ミラノ(KIKO MILANO)」は11月22日、設立20周年を記念して世界最大店舗をミラノにオープンした。多くの店が並ぶコルソヴィットリオエマヌエーレIIに面し、面積は約200平方メートル。デジタルサービスを豊富にそろえる新コンセプト"KIKOiD"としてオープンした。

 同店舗では、メイクアップやスキンケア、アクセサリーを1400品以上取り扱う。そのうち1000品は毎年発売している限定品だ。ロボットがその場でアイテムにイニシャルや記号を刻印するパーソナライズの他、メイクアップや商品アドバイスをするアプリと連動したタブレットを複数設置している。また、特設スペースではプライベートメイクアップサービスも提供する。

 内装は隈研吾が手掛け、広々とした空間に光を入れる大きな窓が特徴で、種類豊富なカラーメイクが映えるように白を基調にした。「K」のロゴを組み合わせたデザインも店内のいたるところに登場する。隈はベルガモやボローニャなどイタリア国内の店舗の他、マドリードやドバイ、モスクワをはじめとする13の海外店舗のデザインも手掛けている。

 1997年にステファノ(Stefano)とアントニオ・ペルカッシ(Antonio Percassi)により設立された「キコ ミラノ」は1号店をミラノのフィオルッチにオープン。現在は21カ国に1000店舗以上を出店し、ECは35カ国に進出している。2016年度の年商は、6億ユーロ(約798億円)を超えた。バラエティー豊かな商品ラインアップと手頃な価格、最新トレンドを押さえたユニークな商品で人気を得ており、“ファストファッション”ならぬ“ファストビューティ” と呼ばれることもある。

 

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら