ファッション

「ゼロハリバートン」が女性を意識した新色スーツケースを発売

 ラゲージブランド「ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)」は、同ブランド最軽量のスーツケースである“ZRL ポリカーボネート”でホワイト、ブルー、レッドの新色を10月下旬から販売している。価格は5万5000~7万円。

 今回の新色は女性客を意識したもので、「これまでは男性好みのシルバーやビジネスシーンにマッチするブラックが主流で、ここまで鮮やかなアイテムをリリースするのは初。ブランド最軽量の“ZRL ポリカーボネート”で具体化したことも女性客を意識したもの」と山田絢音プレス。

 「ゼロハリバートン」は1938年創業の米国ブランド。日本市場における顧客の男女比は8対2。2017年から全アイテムを自国生産にシフトしており、こだわり派の男性客に受け入れられている。一方、「ゼロハリバートン」最新の直営店であるギンザ シックス店では男女比が6対4となるなど、「ブランドを知らない女性客、若年層にも積極的に情報を発信したい」という新たなブランディングが徐々に浸透している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら