ファッション

「ヘルムートラング」が人気アーカイブを復刻発売

 「ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」が特に人気のあったアーカイブを4カ月ごとに復刻発売するプロジェクト「ヘルムートラング リ・エディション(HELMUT LANG RE-EDITION)」
を開始した。
 
 まずは9月6日、1990年代後半から2000年代前半に作られた復刻アイテムを発売する。Tシャツ(1万7000円)やペインタージーンズ(3万3000円)、ジップデニムジャケット(3万9000円)、レザーモトジャケット(8万8000円)、ニット(3万4000円)などがウィメンズ、メンズでそろう。取り扱いは、伊勢丹新宿本店リ・ スタイル(9月6〜12日)、ヘルムート ラング青山店(9月8〜14日)、ギンザ シックス(9月8〜14日)、阪急うめだ本店(10月18〜24日)、日本橋三越本店(10月18〜24日)。

 これは、英ファッション誌「デイズド アンド コンフューズド(Dazed and Confused)」編集長で3月に同ブランドの駐在編集者に就任したイザベラ・バーレイ(Isabella Burley)がディレクションを手掛ける新しいプロジェクトの1つ。他にも毎月1人のビジュアル・アーティストにフィーチャーしたコラボアイテムを発売する「シーン・バイ・アーティストシリーズ(SEEN BY: THE ARTIST SERIES)」や若手デザイナーとコラボする 「ヘルムート ラング デザインレジデンシー(HELMUT LANG DESIGN RESIDENCY)」が順次スタートする計画だ。

 「ヘルムート ラング デザインレジデンシー」のトップバッターは「フッド・バイ・エアー(HOOD BY AIR)」のデザイナーを務めたシェーン・オリバー(Shayne Oliver)で、9月11日にカプセルコレクションをニューヨークで発表する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら