ファッション

スタイルス六本木がスニーカーで働く日を予見

 ビーズインターナショナルは9月1日、スニーカーを主力とするセレクトショップ、スタイルス(STYLES)の2号店を六本木ヒルズのウェストウォーク4階にオープンした。1号店のスタイルス代官山の開店は2002年。17年にリニューアルし、服のセレクト数を大幅に増やした。一方、スタイルス六本木は、原点回帰的にスニーカーに特化。今後、六本木ヒルズ限定のコラボレーションアイテムの発売も予定する。

 また同社は、ディストリビューターを務める南アフリカのシューズケアブランド「スニーカーラボ(SNEAKER LAB)」を同日、スタイルス六本木でお披露目した。化学物質を使用しないスニーカークリーナーは100%生物分解性で、人体にも環境にも優しい。

 スタイルス六本木は、初年度の売り上げ計画を1億円に設定。「インバウンド(訪日外国人)向けにカラーバリエーションの“大人買い”を勧めたり、『スニーカーラボ』を提案し、まとめ買いを促したい」と阿曽友紀ブランドマネージャー。西方雄作・社長は「今後、ビジネススタイルはよりコンフォータブルにシフトするだろう。今やジャケットレスが当たり前で、足元のカジュアル化も一層進むはず。先鋭的な六本木ヒルズのワーカーや住む人に、スニーカーが主役となる新たなビジネススタイルを訴求したい」と意気込みを語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら