フォーカス

代官山 蔦屋書店映像担当の原点 今こそ観直したい「ゴッドファーザー」

 代官山 蔦屋書店コンシェルジュがオススメを紹介する本連載は、今回で第5回を数える。前回に引き続き、映像担当の吉川明利コンシェルジュが名作映画の見どころを教えてくれた。マフィア映画といえば誰もが思い浮かべる作品「ゴッドファーザー(The Godfather)」シリーズ。毎年100本以上の映画を観ている吉川コンシェルジュが、映画の世界にのめり込むきっかけになった1本でもある。百戦錬磨の吉川コンシェルジュが、何度も観直してしまうという「ゴッドファーザー」の魅力に迫る。

 「ゴッドファーザー」は今年、日米公開45周年を迎えた。「月に1度、代官山 蔦屋書店のイベントスペースで『代官山 シネマトーク』というトークイベントを開催しています。先日は、45周年を記念して『ゴッドファーザー』の魅力を語らせていただきました。全3作を通じて、単なるエンターテインメントという枠を超えて文学的にも素晴らしい出来なのはパートⅡですね。でもパートⅡは、パートⅠがないとありえないわけですよ。パートⅠは、俳優、カメラワーク、音楽ともに最高水準の奇跡的な映画です」。

 同シリーズのパートⅢは、それまでの2作と比較すると低い評価を受けてきた。その理由はどこにあるのだろうか。「ファミリーの三男、マイケル・コルレオーネ(Michael Corleone)の生涯を観尽くしたければパートⅢまでということになるが、ドン・ヴィトー・コルレオーネ(Don Vito Corleone)の生涯については2作目までを観れば十分。パートⅢは、パートⅡから10年以上経って製作されました。フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)は金儲けのためにヒット作に手を出したと、世間に思われてしまったところがあります。パートⅡの時点で、マイケル役のアル・パチーノ(Al Pacino)に老けメイクをさせて次作を匂わせるべきだった。パートⅡの後に、パートⅢをすぐに作っていたら絶賛されていたかもしれません」。