ファッション

「ラヴィジュール」が今秋リブランディング カタログも一新

 ベリグリが運営するランジェリーブランド「ラヴィジュール(Ravijour)」が今秋、リブランディングする。新コンセプトは、“セクシーに生きる -Just be yourself”。「ラヴィジュール」は2004年のデビュー以来、“より魅力的・魅惑的な女性に・・・”をコンセプトに、それまでのガールズ市場にないデザインや機能性でランジェリーの魅力を発信してきた。新生「ラヴィジュール」は、20〜30代前半の女性に向け、ワンランク上のスペシャルなランジェリーを提案することで、女性の新しいセクシーさを追求していく。

 今回のリブランディングを機に、カタログも一新。5つのテーマを設け、既存のセクシーさをキープしつつ、新しいブランドの世界観を発信する。配付中の17年秋のカタログでは、エディトリアル・ディレクションにKEN OFFICEを、巻頭のファッションストーリーにスタイリストの渡辺俊をそれぞれ起用。またモデルには、「ラヴィジュール」の看板モデルであるエリーローズに加え、注目ハーフモデルのローレン・サイや阿部ジュリア、ブランド初の外国人モデルを新たに抜擢した。商品は8月3日21時からオフィシャルWEBストアで、4日から全国の直営店で順次販売する。

 また、7月28日には、17年秋のカタログのリリースパーティーを渋谷クオーツギャラリーで開催する。今シーズンの5つのテーマのうち、“SECRET ROOM”と“DISCO QUEEN”“BLACK SEXY”のヴィジュアル写真展も同時に行う。ドレスコードは、カジュアルエレガンス。シーズンカラーであるボルドーかダークブルー、グリーンのいずれかの色のアイテムを着用すること。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら