ファッション

「トニーセイム」が仏法人設立、シルモ初出展

 香港に本拠を置くアイウエアブランド「トニーセイム(TONYSAME)」は、7月14日、フランスに100%出資の現地法人を設立した。同社代表は、バレンシアガ(BALENCIAGA)社やフランス国営テレビなどに勤務した経験があるサンドリーヌ・ヴィジール(Sandrine Vigir)が務める。ヨーロッパ市場進出の本格化が狙いで、パリで10月6日から4日間行われる国際眼鏡展「シルモ(SILMO)」に初出展する。

 「トニーセイム」は、フォーナインズ元社長の三瓶哲男氏が2010年に香港でスタートし、11年に日本法人を設立。昨年には、韓国法人も開設した。香港本社と今年2月に就任した細井礼トニーセイムジャパン社長が協力し、ブランドロゴを変更するなどリブランディングを行っている。売上高は、国内3億円、海外4億円。東京・大塚に路面店を構える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら