ビジネス

RIZAP傘下のアパレル銘柄に買い殺到 経営もスリム化に成功

 ジーンズメイトやEC専業アパレルの夢展望、補整下着のマルコなど、RIZAPグループ傘下のファッション銘柄の株価が急上昇を続けている。ジーンズメイトは年始1月4日の189円だった株価は現在675円(7月25日の終値、以下同)に、マルコは143円から518円に、夢展望は479円からなんと3.3倍の1602円に、大幅に上昇した。一体何が起こったのか。

 高騰の大きな理由は、5月17日のRIZAPグループの行った決算説明会の影響が大きいようだ。同社はこの説明会の中で、15年3月期以来営業赤字の続いていた夢展望が18年3月期で7億8000万円の黒字化(前期は1億5400万円の赤字)へ、マルコも18年3月期の営業利益を12億円(前期は1億3500万円)と前期の9倍超へと、いずれも大幅拡大する見通しを発表していた。また、今年2月にグループ入りしたジーンズメイトについても、決算期変更に伴う13カ月変則決算ではあるものの、18年3月期に10期ぶりの黒字化見通しを発表していた。

 これらの企業については、RIZAPグループの本体から派遣されたスタッフが在庫やMDの適正化などの経営改革を行っているが、中核事業のトレーニングジム「RIZAP」の最大の武器であるユニークな広告手法などのノウハウの移管、グループ間の顧客回遊などの施策はまだ端緒についたばかりだ。今後、瀬戸健RIZAPグループ社長の掲げる“自己投資”というビジネスモデルを、グループで連携して確立できれば、さらなる成長が期待できそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。