ニュース

バロック中国本土200店舗に 海外事業に拍車

 バロックジャパンリミテッドは7月8日、5月に開業したばかりの上海の商業施設、興業太古に「マウジー(MOUSSY)」と「スライ(SLY)」の複合店をオープンした。店舗面積は285平方メートル。同店は、バロックの提携先であるベル・インターナショナルとの中国合弁事業を展開する中で、本土200店舗目になる。

 バロックは2010年に「マウジー」中国1号店を上海に、翌年に「スライ」1号店を北京にそれぞれオープン。ベルとの合弁事業をスタートした13年には、直営店舗運営を合弁会社に移管し、ベルの店舗開発により、上海と北京以外にも、天津や成都、南京、重慶、武漢、杭州などの主要都市に、複合店の「シェルター(SHEL'TTER)」を加えた3業態を毎年約50〜60店舗のペースで拡大している。15年には、世界初の飲食業態「マウジー カフェ」を併設する店舗面積720平方メートルの国内最大級店舗、シェルター上海ジョイシティー店を構えた。17年度1月期の店舗数は51店舗(出店数33都市に56、退店数5)だった。今後も、昨年進出したアメリカ事業含め、海外出店を加速する考えだ。

 バロックジャパンリミテッドの17年1月期連結決算の売上高は694億9300万円。現在の店舗数は、国内361(17年6月末)で、海外203(同5月末)になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら