ビジネス

バロック新中計 2020年度に売上高1000億円へ

 昨年東証一部に上場したバロックジャパンリミテッドは、2017年1月期決算の開示とともに、中期経営計画「グローバルチャレンジ2018/1~2021/1」を発表した。“国内の安定成長”と“収益率の改善”、“海外の中国事業拡大および北米事業の本格展開”を柱に、17年1月期の売上高695億円、経常利益53億円を、21年1月期に売上高1000億円、経常利益110億円に伸ばす。海外売上高比率は2割を想定する。なお、中国事業は卸売り額を連結しているため、小売り換算ベースでは3割強に相当するという。

 日本市場では、市場縮小を鑑み、EC事業を強化。新しいECエンジンを活用して事業拡大を目指す。独自性のある商品開発や、「アディダス(ADIDAS)」をはじめとした他ブランドとのコラボレーションなどにより、継続的にブランド価値を強化する。

 海外事業では、中国は14年1月期から毎年60店舗程度の出店を続けてきており、前期末で187店舗に。「マウジー(MOUSSY)」「スライ(SLY)」に加え、他ブランドも投入。4年で200~240店舗程度を出店することになりそうだ。米国では16年9月に「マウジー」「エンフォルド(ENFOLD)」を出店しており、認知度向上に取り組んでいるところ。卸売りなども含めて、適切な事業モデル構築を模索する。

 収益性の向上に向けて、SCM(サプライチェーンマネジメント)をさらに進化させ、強みである「コストパフォーマンスが高く、独自性のある魅力的な商品を継続的に開発できるインフラ」をさらに磨き上げる。

【関連記事】
■バロックジャパンリミテッド東証上場初日の終値は1710円 時価総額は607億円に
■バロックジャパンが東証上場へ
■バロックジャパンがセール短縮 ブランディング重視

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら