ファッション

「ルイ・ヴィトン」がスマートウオッチ市場に参戦!

 
 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は7月11日、ブランド初のスマートウオッチ“タンブール ホライゾン(TAMBOUR HORIZON)”を発売する。価格はベルト付きで27万7000円〜。いずれも42mm径で、ステンレススチールケースとブラックPVDの全3種を用意した。表参道店や松屋銀座店など、主要ブティックで販売する。

 時計マーケットに参入した際に発売し、今年15周年を迎えた基幹ライン“タンブール(TAMBOUR)”のケースを採用し、最高レベルの液晶を搭載。アンロック画面やバッテリー残量確認画面、着信通知などには、アイコニックなイニシャルやモノグラムが現れる。スマートウオッチはグーグルと提携し、他社の時計同様、OSにはアンドロイド ウェア 2.0を搭載。アンドロイド・ウェアとLVパスという、2つのアプリをダウンロードして使用する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら