ファッション

パリ市長、カールにパリ市大金章を授与

 カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が、アンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)=パリ市長からパリ市大金章(Grand Vermeil medal)を授与された。同章はパリ市が与える最高位の勲章だ。

 カールと「シャネル(CHANEL)」がこの1年でプレ・コレクションを含む6回のショー開催したことで、足が遠のいていた富裕層や海外プレスをパリへ呼び戻したことなどが評価された。

 7月4日にパリで開催した2017-18年秋冬オートクチュール・コレクションでは、グラン・パレにエッフェル塔の巨大レプリカを建設。イタルゴ市長はエッフェル塔の下で受勲を発表し、「あなたの才能は全世界で認識されていて、パリをより一層、魅力的で、クリエイティブに、そして美しくしてくれた。あなたは最高のパリを届けてくれる真のパリジャンだ」とカールを称賛した。

 カールは「私はよそ者だし、よそ者であることにこだわっている。それは、よそ者はパリとフランスに対して異なる見方ができるからだ」と話す。また、5月のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領誕生によりパリが前向きになっていることに触れ、「最近の変化によって、フランスに太陽が昇ったように感じる。パリやフランスに愛が戻ってきた。人々は皆パリにいたいし、フランスが再びファッションの代名詞として認識されることを望んでいる。これは大変喜ばしいことだ」と語った。

 カールは、10年にフランスのレジオン・ドヌール勲章を受章している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。