ファッション

ワールドが政投銀と「ファッション専門ファンド」設立

 ワールドと日本政策投資銀行(以下、政投銀)は、ファッション産業を投資対象にした共同運営ファンドを6月30日付で立ち上げた。ファッション産業に特化したファンドは国内では初めて。ワールドの事業運営のノウハウ、政投銀のファイナンスの知見を生かして、投資先の成長を後押しする。

 共同運営ファンドの名称は「W&Dデザイン投資事業有限責任組合」で、通称「W&Dデザインファンド」と呼ぶ。すでに6月19日付でファンドの運営会社「W&Dインベストメントデザイン」を、ワールドのグループ会社であるワールドインベストメントネットワークと政投銀との折半出資で設立した。運用規模は約50億円。銀行の借り入れなどと合わせれば、数百億円規模の案件にも対応できる。運用期間は10年間。

 ファッション産業では商品力や技術力はあるものの、流通の変化やデジタル化の流れに乗れず、行き詰まる企業も少なくない。同ファンドでは資金を提供するだけでなく、専門性を持つ人材を送り込んだり、ワールドの販売網や生産網を活用したりするなど、成長戦略や業務効率化を支援する。投資企業の事業価値を高め、第三者への株式譲渡や新規株式公開(IPO)による売却で投資資金を回収する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。