ファッション

KING-MASAのスニーカー展に「ナイキ」の希少スニーカーがズラリ!

 スニーカーコレクターのKING-MASAは6月18日まで、バーニーズ ニューヨーク新宿店10階で、第2回スニーカーアーカイブ展「キングマサズ シュージアムvol.2(KING-MASA’S SHOESEUM)」を開催している。会場には、KING-MASAが所有する、ここ1年間で発売された「ナイキ(NIKE)」の希少価値の高いスニーカー22足を展示。今回はフラワーショップ「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター(SAINT JORDI FLOWERS THE DECORATOR)」とコラボし、スニーカーと花をコーディネートした。

 バーニーズ ニューヨークの店舗運営セールスプロモーション、中野光章チーフマネジャーは、「第1回目の反響を受けての開催。前回は海外からも含め、さまざまなお客さまの来店があった上、滞在時間も非常に長かった。その時は、スニーカーの売り場が無かったので、展示を紹介するだけだったが、今は2階に『アトモス ミーツ バーニーズ ニューヨーク(ATMOS MEETS BARNEYS NEW YORK)』ができ、スニーカー売り場にも案内できる」と期待をにじませる。KING-MASAは「何かを売りたいというよりも、一人でも多くの人に楽しんでもらえたらと思っている。スニーカーコレクターには、スニーカーは好きでもファッションには興味がない人も多い。バーニーズ ニューヨークで開催することで、ファッションにも興味をもってもらえたら」とコメント。

 会場には、KING-MASAが手掛けるアパレルブランド「オールウェイズ アウト オブ ストック(ALWAYS OUT OF STOCK、以下A.O.O.S)」と「ポパイ(POPEYE)」のコラボTシャツ(6500円)の他、バーニーズ ニューヨーク限定の「A.O.O.S」とバラのイラストが描かれたTシャツ(6000円)やキャップ(4800円)なども販売中だ。「A.O.O.S」のTシャツは、スニーカーコレクターを中心に非常に人気が高く、先日発売した「スターターブラックレーベル(STARTER BLACK LABEL)」とのコラボTシャツは、ゾゾタウン販売分200枚が1分で完売した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。