ファッション

カリスマコレクター「KING-MASA」のスニーカー愛に迫る

14716040_1131570970256604_9159422686826844023_n

 バーニーズ ニューヨーク新宿店は10月16日まで、「ナイキ(NIKE)」の貴重なスニーカーを集めたアーカイブ展「キングマサズ シュージアム(KING-MASA’S SHOESEUM)」を開催している。スニーカーを提供したのは、1989年生まれのスニーカーコレクター、キングマサ(KING-MASA)。“ダンク(DUNK)”や“エアフォース1(AIR FORCE1)”に端を発する2000年代の「ナイキ」ブームの中で育った、次世代のカリスマコレクターによる展示は、同店の荻原宗平・副店長がキングマサのファンだったことで実現した。フジテレビのバラエティー番組「パイセンTV」が密着取材する中、キングマサに迫った。

14695461_1131571433589891_6594139268414276876_n

WWDジャパン(以下、WWD):「シュージアム」という名前にはどういう想いを込めたか?

KING-MASA(以下、マサ):5月にスニーカー本「アウト オブ ストック スニーカーズ(OUT OF STOCK SNEAKERS)」を発売した際のサイン会で、荻原さんに声をかけてもらった。いつか自分の持っているスニーカーで博物館をしたいなと思っていたので、「SHOES+MUSEUM=SHOESEUM」という名前に。日本では見られないモデルを展示するため、必然的にアメリカ限定モノが多くなった。スニーカーは全部、展示の為に京都からスーツケースに入れて持ってきた。保険を掛けて送る人も多いようだが、お金が返ってきてもスニーカーが無くなるのは悲しいこと。もう買えないモノも多いので、お金じゃない。スニーカー本のために撮影した時も「送るのだけは勘弁してください」って、京都のスタジオで撮影した。

WWD:スニーカーは今何足ぐらい持っているのか?その中で一番価値のあるものは?

マサ:家にあるのは合計で200足ぐらい。基本的に買う時、履くモデルと履かないでコレクションするモデルを決めている。今日履いている「アクロニウム(ACRONYM)」とコラボした“エアプレスト(AIR PRESTO)”は、履く用とコレクション用を2足買った。200足中、「リーボック(REEBOK)」と「アディダス(ADIDAS)」の1足ずつを除くと、残りは全て「ナイキ」。「ナイキ」以外は履いた時、自分の足に合わないというか違和感があって……。一番価値のあるモデルは多分“レッド オクトーバー(AIR YEEZY 2 RED OCTOBER)”。以前「70万円で売って欲しい」と言われたことがある。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら