ファッション

「アトモス」×「バーニーズ ニューヨーク」の新業態 店内を公開

 スニーカーショップのアトモス(ATMOS)は22日、バーニーズ ニューヨーク新宿店2階に「アトモス ミーツ バーニーズ ニューヨーク(ATMOS MEETS BARNEYS NEW YORK)」をオープンする。ハイファションを扱うスペシャリティストアのバーニーズ ニューヨークと、多種多様なプレミアムスニーカーを扱うアトモスが協業するインショップ。

 2階の約半分を使用して、スニーカーやオリジナルウエアをラインアップ。壁にメンズを90足、ウィメンズを90足並べる。最大の特徴は、バーニーズ ニューヨークのスタイリング提案に、これまでは取り扱えなかったようなレアスニーカーを合わせられることだ。店内中央のマネキンで、「ハイク(HYKE)」や「COTT WEILER(コット ワイラー)」「ファセッタズム(FACETASM)」などにスニーカーを合わせたスタイリングを提案する。

 アトモスの小島奉文ディレクターは「セレクトしたのはモノトーンが中心。ブランドで分けるのではなく、より上質なスニーカーを選んだ。スタイルとしてのスニーカーを提案したい」と話す。中心価格は1万~3万円台。「ナイキラボ(NIKE LAB)」のプレミアムライン“ピナクル(PINNACLE)”シリーズなども置く。「これまでのアトモスの店舗では、客層と価格帯が合わなく、扱わなかった高価格帯のスニーカーもあった。今回の出店で、スニーカーのアウトプット先が増えたと前向きに捉えている」と期待をにじませる。「スニーカーを履かなかった客層にもスニーカーを知ってもらうチャンス。最新技術を搭載したスニーカーは、衝撃だと思う。どのようなスニーカーが好まれるのか未知数な部分もあるので、まずはゴールデンウイークの消費動向を見ながらよりターゲットに合わせた商品をそろえていきたい」。

 アトモスの顧客年齢層は20代後半~30代が中心。最近では、ティーンズフェス「超十代」などにも参加し、新しい年齢層の開拓にも積極的だ。小島ディレクターは「新宿には既に高島屋前のスポーツ バイ ラボ アトモスと、歌舞伎町側の新宿店を構えているが、新宿の商圏はとても大きく、2店舗でも客層が全く違う。『アトモス ミーツ バーニーズ ニューヨーク』では、これまで獲得できていなかったハイファッションを好む人々にリーチできると考えており、マーケット拡大の可能性を感じている」と出店の経緯を話した。

 23日には、3月に発売した“ナイキ エアマックス1(NIKE AIR MAX1)”の“アトモス エレファント(ATMOS ELEPHANT)”(1万6000円)を数量限定で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら