ファッション

「ルイ・ヴィトン」、クルーズ発表の舞台は滋賀県のミホ・ミュージアム

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は5月14日、2018年クルーズ・コレクションを滋賀県甲賀市のミホ・ミュージアムで発表する。私立ながら、日本最高峰とさえ呼ばれる美術館で、日本初となるプレ・コレクションのランウエイショーを開催する。ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)「ルイ・ヴィトン」アーティスティック・ディレクターが、自身のインスタグラムにミホ・ミュージアムの写真をアップし、発表した。ミホ・ミュージアムは、中国系アメリカ人のイオ・ミン・ペイ(Ieoh Ming Pei)が設計。ガラスと鋼鉄で作る屋根は、「ルイ・ヴィトン」が毎シーズンのメーン・コレクションを発表するルーブル美術館のシンボル的存在、ピラミッドをほうふつとさせる。

 ルイ・ヴィトンのマイケル・バーク(Michael Burke)最高経営責任者(CEO)は、「われわれと建築は、切っても切り離せない存在。日本と言われれば、誰もが思い浮かべるのは東京だろう。けれど、美しい場所は他にもある。とても良く知っている国、でも、行ったことがない場所というのは魅力的だ」と話す。

 「ルイ・ヴィトン」にとって、日本はつながりの強い国だ。1978年に国内1号店をオープンしてから間もなく40年を迎えるのはもちろん、アイコニックな“モノグラム”は、日本の家紋に由来するとも言われている。村上隆や川久保怜「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」デザイナー、草間彌生ら、日本のアーティストやデザイナーとのコラボレーションにも積極的だ。バークCEOは、「クルーズは、異国情緒に溢れ、新たな発見があるようなコレクションであるべきだ。今回の舞台は、そんな場所。ニコラも日本が大好きだ」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。