ファッション

「フラグメント」×「LV」、行列は表参道の骨董通り直前まで

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と藤原ヒロシが主宰する「フラグメントデザイン(FRAGMENT DESIGN)」のコラボコレクションを販売するポップアップストアがオープンした。「ルイ・ヴィトン」はオープン3日前からオフィシャルサイトで抽選入場の参加券の配布を告知。参加券を求め、表参道の「ディオール(DIOR)」を先頭に青山通りのスパイラル向かいまで行列が伸びた。

 行列の先頭は田町からやってきた男性5人組。その中の1人が11時オープンの最初の入場券を当て、「前日の終電で来た。目当てはハイカットのキャンバススニーカー。必ずゲットする」と興奮気味に話した。横浜から駆けつけた20代の男性は18時55分の入場券を手にし「昨年の伊勢丹メンズのポップアップでは、入場できなかったので朝6時から並んだ。ボストンバッグを手に入れるため、貯金をしていた。入れるのは嬉しいが、それまで残っているか不安だ」と複雑な表情を浮かべた。

 同店は11時にザ・マス(The Mass)とバツ アートギャラリー(Batsu Art Gallery)にオープン。また、22日以降も混雑状況によっては抽選入場制の販売を行う予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら