ファッション

「フラグメント」×「LV」、行列は表参道の骨董通り直前まで

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と藤原ヒロシが主宰する「フラグメントデザイン(FRAGMENT DESIGN)」のコラボコレクションを販売するポップアップストアがオープンした。「ルイ・ヴィトン」はオープン3日前からオフィシャルサイトで抽選入場の参加券の配布を告知。参加券を求め、表参道の「ディオール(DIOR)」を先頭に青山通りのスパイラル向かいまで行列が伸びた。

 行列の先頭は田町からやってきた男性5人組。その中の1人が11時オープンの最初の入場券を当て、「前日の終電で来た。目当てはハイカットのキャンバススニーカー。必ずゲットする」と興奮気味に話した。横浜から駆けつけた20代の男性は18時55分の入場券を手にし「昨年の伊勢丹メンズのポップアップでは、入場できなかったので朝6時から並んだ。ボストンバッグを手に入れるため、貯金をしていた。入れるのは嬉しいが、それまで残っているか不安だ」と複雑な表情を浮かべた。

 同店は11時にザ・マス(The Mass)とバツ アートギャラリー(Batsu Art Gallery)にオープン。また、22日以降も混雑状況によっては抽選入場制の販売を行う予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら