ファッション

藤原ヒロシの「フラグメント」×「LV」のポップアップ公開

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と藤原ヒロシが主宰する「フラグメントデザイン(FRAGMENT DESIGN)」は、コラボコレクションを販売するポップアップストアを4月21日から5月5日まで、東京・原宿のザ・マス(The Mass)とバツ アートギャラリー(Batsu Art Gallery)にオープンする。

 同店では、5月5日の「ルイ・ヴィトン」での店舗発売に先駆け、コレクションをフルラインアップ。日本限定のモノグラムキャンバスに2つのブランド名とロゴを施した“カバ・ライト”やキャンバススニーカーの他、フロッピーディスクやスマートフォンなどのガジェットをプリントしたアクセサリーなどを販売する。1990年代のNYを意識した店内の中央には、当時を思わせる地下鉄車両を設置。車両に描かれたグラフィティは、グラフィックデザイナーで「シーイー(C.E)」のデザイナー、スケートシング(Sk8thing)によるものだ。

 隣接するザ・マスでは、「ルイ・ヴィトン」のホットスタンピングサービスが受けられるスペースを設けた。藤原ヒロシとキム・ジョーンズ(Kim Jones)の私物のレコードがディスプレイされた空間では、スペシャルオーダーピースの展示・販売も行う。ライゾマティクスリサーチの真鍋大度による体験型デジタルインスタレーションが体験できるスペースも登場する。

 オープン当日は午前8時30分から参加券を配布し、午前9時頃から入場の抽選を行う。抽選の詳細は「ルイ・ヴィトン」のオフィシャルサイトで詳細を確認できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。