ファッション

「LV」×「シュプリーム」のロゴTを着用したケイト・モスが登場

 何かと話題になるキム・ジョーンズ(Kim Jones)「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズ・アーティスティック・ディレクターのインスタグラムの投稿が、SNSをざわつかせている。2012年に「シュプリーム(SUPREME)」がケイト・モス(Kate Moss)を起用したプロモーションをほうふつとさせる「シュプリーム」のボックスロゴに、「ルイ・ヴィトン」のロゴとモノグラムが散りばめられたTシャツをケイト・モスが着用した投稿だ。12年のプロモーションはフォトグラファー、テリー・リチャードソン(Terry Richardson)が撮影したが、今回はキム本人による撮影。また、11年のディレクター就任から6年という節目を自ら祝う「6 years ♥」のコメントが添えられている。

 キム・ジョーンズは、1月に「ルイ・ヴィトン」のアイコニックなモノグラムの上に、「シュプリーム」のシールを載せた写真をインスタグラムに投稿。その直後にパリで発表された2017-18年秋冬コレクションのショーで「ルイ・ヴィトン」と「シュプリーム」のコラボレーションをお披露目した。なお、このコラボコレクションは7月17日から「ルイ・ヴィトン」ブティックの一部で発売予定(日本での発売は未定)だが、このTシャツが実際に店頭に並ぶかは未定だ。

【関連記事】
■「ルイ・ヴィトン」✖︎「シュプリーム」コラボ、ランウエイに大集合‼︎ 「ルイ・ヴィトン」2017-18年秋冬パリ・メンズ・コレクション
■「ルイ・ヴィトン」メンズショーに来場した斎藤工やNAOTO、岩田剛典をスナップ
■「ルイ・ヴィトン」×「シュプリーム」、7月発売
■「ルイ・ヴィトン」×「シュプリーム」が発売か?
■「シュプリーム」、「ヴィトン」の次は「ラコステ」とコラボ?
■「シュプリーム」のディレクターが退任

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら