ファッション

「ビームス ボーイ」が大人の女性に向けた新ブランド

 「ビームス ボーイ(BEAMS BOY)」は2017-18年秋冬、新ブランド「マチュアリー(MATURELY)」をスタートする。「ビームス ボーイ」を着て育った大人の女性に向け、トラッドをベースにしながらもモードな要素を加えたスタイルを提案する。価格帯はレザーのフライトジャケットが10万円、パンツが2万円など「ビームス ボーイ」の1.3倍程度の価格設定。まずは実店舗16店で販売する。

 ファーストシーズンは「ワールドトラベル」をキーワードに、スペインやウクライナ、イタリア、アメリカなどの伝統的なウエアから着想した25アイテムをそろえる。メンズのパターンやビンテージウエアをベースにするなど「ビームス ボーイ」らしさはそのままに、ジャケットの丈を長くしたり、ムートンなどのぜいたくな素材を使用したり、デザインに遊びを加えたりすることで、「ビームス ボーイ」とは異なる仕上がりになった。

 「ビームス ボーイ」は昨年原宿の旗艦店をリニューアルして以来、ブランドとともに成長した大人の女性に向けて着こなしの訴求などを行ってきた。

[related post="403397" title='ビームスが“セレクトショップ未開の地”である奈良に出店した狙い']

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら