ファッション

最後の独立系時計「ブライトリング」投資会社傘下に

 欧州を拠点に活動する投資会社CVC キャピタル・パートナーズが、時計ブランド「ブライトリング(BREITLING)」の株式80%をオーナー一族から買い取り、傘下に収める。株式の取得額は不明だが、業界筋は約8億ユーロ(約960億円)と予想。「ブライトリング」の年商の約2倍と推測する。両社は6月にも株取引を終える予定だ。

 CVCのダニエル・ピンダー(Daniel Pindur)=シニア・マネージメント・ディレクターは「われわれのネットワークを通じ、アイコニックなブランドの存在感をさらに高め、スイスで最後の独立系時計ブランドの1つである『ブライトリング』の未来を描きたい。既存と新興、双方の市場に可能性を感じている」と話す。
「ブライトリング」の創業は1884年。現在、約900の従業員を抱え、スイス国内に2つの自社工場を有している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら