ファッション

最後の独立系時計「ブライトリング」投資会社傘下に

 欧州を拠点に活動する投資会社CVC キャピタル・パートナーズが、時計ブランド「ブライトリング(BREITLING)」の株式80%をオーナー一族から買い取り、傘下に収める。株式の取得額は不明だが、業界筋は約8億ユーロ(約960億円)と予想。「ブライトリング」の年商の約2倍と推測する。両社は6月にも株取引を終える予定だ。

 CVCのダニエル・ピンダー(Daniel Pindur)=シニア・マネージメント・ディレクターは「われわれのネットワークを通じ、アイコニックなブランドの存在感をさらに高め、スイスで最後の独立系時計ブランドの1つである『ブライトリング』の未来を描きたい。既存と新興、双方の市場に可能性を感じている」と話す。
「ブライトリング」の創業は1884年。現在、約900の従業員を抱え、スイス国内に2つの自社工場を有している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら