ニュース

高島屋は営業益3%増 インバウンド2ケタ伸びる 17年2月期

 高島屋の2017年2月期は、営業利益が前期比3.1%増の340億円だった。営業増益は7期連続となる。売上高に相当する営業収益は同0.6%減の9236億円。営業利益は、百貨店事業が衣料品などの不振で同18.7%減の121億円だったが、東神開発によるショッピングセンターなどの不動産事業が同7.1%増の110億円と貢献した。純利益は同12.4%減の208億円だった。

 百貨店の商品別売上高は衣料品が前期に比べて116億円減ったのに対し、化粧品は87億円も増えた。免税売上高は15%増の344億円。インバウンド(訪日外国人)の購買は尻上がりに伸び、下期には24%増になった。インバウンドの消費は高額品から日用品に移行しており、ラグジュアリー・ブランドなどを含む一般品が8%減に落ち込んだのを、化粧品などの消耗品が2.1倍に伸びたことでカバーした。店別売上高も各店が軒並み減収になる中、インバウンドに強い大阪店と新宿店が増収を達成した。

 今期は営業収益9430億円(前期比2.1%増)、営業利益350億円(同2.9%増)、純利益215億円(同3.0%増)を計画する。今月27日に開店する新宿店の空港型市中免税店を含めて、免税売上高は450億円(同31%)を見込む。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら